2008年10月21日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、仮想化やITIL V3に対応したIT資産管理ソフトウェアの最新版を発表

日本ヒューレット・パッカードがIT資産管理ソフトウェアの最新版「HP Asset Manager 5.1 software」を発表。仮想化環境の構成管理機能を実装し、ITIL V3への対応強化も図られている。

[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードは10月20日、IT資産管理ソフトウェアの最新版「HP Asset Manager 5.1 software」を発表した。同製品は11月1日から出荷開始する。

 同製品は、基本機能としてIT資産の構成管理を行えるほか、機能モジュールを追加して各種IT資産の契約情報やソフトウェアのバージョン管理を行うこともできる。また、同社の各種管理製品と連携し、IT予算化や新規プロジェクト立ち上げ時のコスト予測といった財務管理にも活用可能。

 構成管理機能では、仮想化環境に対応しているのが特徴。物理インフラと仮想化インフラの情報をひも付けて管理するため、仮想化環境下でもソフトウェアのライセンス契約やハードウェア/ソフトウェアのコストといったインベントリ情報を正確に把握することができる。

 また同製品では、サービスカタログ機能の強化や、同社が提供する構成情報統合管理ソフトウェア製品「HP Universal CMDB software」との連携による構成管理システムの実現などにより、ITIL V3への対応強化を図った。さらに、サーバストレージ、ネットワークの構成管理を行う「HP Data Center Automation Center software」や、PCなどのクライアントの構成管理を行う「HP Client Automation Center software」と連携することにより、データセンターにおけるハードウェア/ソフトウェアの標準構成管理や保守契約管理などの機能も提供する。

 価格(税込み)は、基本モジュールの「HP Asset Manager サーバ」と「HP Asset Manager 資産ポートフォリオ」がそれぞれ25万2000円と252万円。追加モジュールは、「HP Asset Manager ファイナンス管理」が88万2000円、「HP Asset Manager ソフトウェア資産管理」が336万円、「HP Asset Manager 経費付け替え」が84万円、「HP Asset Manager 調達管理」と「HP Asset Manager 契約管理」がともに126万円、「HP Asset Manager サービスカタログ」が168万円となっている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...