2008年03月13日 19時07分 公開
ニュース

NEWS日本HP、ITIL v3に準拠したITサービス管理ソフトを発表

IT全体の戦略からサービスの設計・開発、運用までを全体最適化する製品の1つとして、企業のITサービス管理プロセスの運用をサポートする。

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは3月13日、ITサービス管理ソフトウェア「HP Service Manager 7.0 software」(以下、SM7)を発表した。4月1日からの出荷を予定している。

 SM7は、HPの「HP ServiceCenter」と、同社が2005年12月に買収した米ペレグリン・システムズの「ServiceCenter」という2つの統合ITサービス管理ツールの機能を統合したもの。IT運用管理のベストプラクティス集であるITIL v3に沿ったワークフロー管理をサポートしており、インシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理、構成管理までの流れを一元的に提供する。また、専用のナレッジ管理用エンジンを実装しており、ITILの各プロセスで蓄積した情報や新たにナレッジとして登録したデータに対し、横断的に検索が可能だ。

 さらに、IT運用のための統合データリポジトリ製品「HP Universal CMDB」の基本モジュールをバンドルし、さまざまなインシデントや変更作業、リリース情報などを管理できる。これを活用すると、資産管理やサーバ監視などHPのさまざまな管理ツールとのデータ連携が実現するという。

 最小構成価格は298万9350円(税込み)。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | HP(ヒューレットパッカード) | ITIL


ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。