2009年01月08日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS住商情報、日本HP、MSが出張・通信、紙コストを削減するIT基盤構築サービス

3社が共同で情報共有基盤の構築に関する要件定義の支援と各製品の導入、開発サービスを提供する。

[TechTargetジャパン]

 住商情報システム(以下、SCS)、日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)、マイクロソフトの3社は1月7日、企業のコスト削減と社員の生産性向上を支援する「ワークスタイル革新IT基盤構築サービス」を提供開始すると発表した。企業の情報共有基盤を見直し、出張・通信費用や紙の資料を削減することで、業務効率を向上すると同時に社内コミュニケーションを活性化できるという。

 今回発表されたサービスは、日本HPのブレードサーバ「HP BladeSystem」とストレージ「HP StorageWorks EVA」、マイクロソフトのグループウェアソフト「Microsoft Office SharePoint Server」「Microsoft Exchange Server」「Microsoft Office Communications Server」にSCSのSI(システムインテグレーション)導入ノウハウを組み合せたもの。3社は共同で、情報共有基盤の構築に関する要件定義の支援と各製品の導入、開発サービスを短期/中期/長期の3段階に分けて提供する。

  • 短期:既存システムのリプレースと各製品の基本機能活用による業務定着化
  • 中期:各製品の上位機能を活用した業務効率の改善
  • 長期:.NET開発環境によるシステム機能の強化

 サービスの提供価格は、システム規模によって異なる。3社は営業やマーケティング、技術サポートなどにおいて各種の施策を展開し、今後1年間で30社の受注を目指すとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...