2009年05月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドにまつわるビジネス課題プライベートクラウドのメリットと課題とは

自社内にプライベートクラウドを構築することで得られるビジネス上のメリットや、システム管理上の課題などについて、仮想化とクラウドコンピューティングの専門家に聞いた。

[Christina Torode,TechTarget]

 米TechTargetでは、仮想化クラウドコンピューティングを専門とする米Enterprise Strategy Groupのアナリスト、マーク・バウカー氏にインタビューし、プライベートクラウドの構築について話を聞いた。プライベートクラウドとは、クラウドコンピューティングの概念と仮想化技術を使ってデータセンターリソースを集中化し、アプリケーションとサービスを業務需要の変化に応じてオンザフライで動的に配信できるようにすることだ。

 2部構成のインタビュー記事の第2部となる今回は、プライベートクラウドにまつわる「CIOとIT管理の問題」について、バウカー氏に解説してもらった。具体的には、ビジネスニーズに対応する手段、組織全般にわたるアプリケーション管理とIT予算の割り当て、プライベートクラウドに基づいたデータセンターモデルの基盤を築く方法などを取り上げる(第1部の「プライベートクラウド──サーバ仮想化を超えて」では、プライベートクラウドと仮想サーバファームの違いなど、プライベートクラウドにまつわる技術的側面について解説してもらった)。

―― ビジネスニーズに対応しようとしているCIOのために、プライベートクラウドは何ができるのでしょうか。

バウカー CIOの観点から見ると、CIOはアプリケーションオーナーの1人であり、IT部門がインフラの観点から何を提供できるかによって制約を受けます。もしIT部門が、例えば新しいリソースの迅速なプロビジョニングやプロビジョニング解除といった新しい手段でインフラを提供できるようになれば、セキュリティやコンプライアンスをベースにしたポリシーをそれらリソースに適用できるようになります。物理的にこれをやるには相当のコストが掛かりますが、すべてを仮想化するようになれば、ITインフラ群全体にこうしたポリシーを適用することができますし、そのインフラの中の特定の仮想マシンにのみ適用することもできます。

―― クラウドモデルに従ってリソースをプールすることは、従来のITコスト配賦モデルを変えることになるように思えるのですが。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...