2009年06月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT関連予算の実態に関するアンケート結果リポート約1/4が「前年比50%削減」と回答――最も予算が削減された分野とは?

2009年4月、TechTargetジャパン会員を対象に「2009年度IT関連予算の実態に関するアンケート調査」を実施した。企業のIT関連予算から削減の対象となった分野や今後注力しようと考えている分野などが明らかになった。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

調査概要


  • 目的:TechTargetジャパン会員の2009年度IT関連予算の実態を調査するため
  • 方法:Webによるアンケート
  • 調査対象:TechTargetジャパン会員のうち、ユーザー系企業の課長クラス以上
  • 調査期間:2009年4月22日〜4月28日
  • 有効回答数:116件

※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位まで表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


 TechTargetジャパンでは2009年4月22日から4月28日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「2009年度IT関連予算の実態に関するアンケート調査」を実施した。

 アンケート回答者の約8割が「自社でIT関連予算の削減を行っている」と回答するなどIT投資の抑制が進む一方で、企業の経営陣が「IT導入によるビジネスの効率化」を期待していることをうかがわせる調査結果が得られた。以下、アンケート結果の一部を紹介する。

全社的な経費削減、IT関連予算の削減状況

図1 全社的な経費削減およびIT関連予算の削減状況

 回答者の9割以上が「全社的な経費削減が行われている」と回答し、そのうちの約8割が「IT関連予算も削減されている」と回答している。

 IT関連総予算の削減率については「前年比率で10%削減」(20.2%)が最も多く、「前年比率で20%削減」(19.1%)と続いた。

図2 IT関連総予算の削減率(対前年度比)

 注目すべき点は「前年比率で51%以上の削減」という回答が18.1%、「前年比率で約50%削減」という回答が7.4%もあり、両者を合わせると全体の4分の1を占めていることだ。「100年に一度」といわれる経済危機の中、経費削減の一環としてIT関連予算を50%以上の大幅削減をしている企業も少なくなかった。

最も予算を削減するIT・業務分野

図3 最も予算を削減するIT・業務分野

 最も予算を削減するIT・業務分野としては「新規のIT投資費用」(53.2%)という回答が最も多く、「追加のIT投資費用」(19.1%)が続いた。

 その一方で、企業のIT投資の7割以上を占めるともいわれている「運用管理費用」は、14.9%にとどまっている。予算は限られているものの、現状の運用管理コストを抜本的に変えることは難しいため、まずは「新規投資やシステムの拡張」を控える傾向にあるといえる。

関連ホワイトペーパー

IT投資 | IT戦略 | 経営 | 人事 | 見える化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...