2005年12月27日 08時18分 公開
特集/連載

中小企業のための賢いIT投資術Case Study

食品添加物メーカーのCPケルコは、PC更新時に一度の買い替えではなく、3カ年の購入計画を策定した。中小企業におけるIT投資のポイントを見ていく。

[TechTarget]

 ハードウェアの買い換えは、中小企業にとってはコストの面で特に厄介な問題だ。過去3年で従業員数が急増したCPケルコでは、従業員用PCをリースすべきか購入すべきかを分析した後、購入の3カ年計画を策定した。この策定は、同社が将来のニーズと利用可能な資金を把握および予測する上で、決定的に重要だった。

 中小企業では、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、人員など、すべてのIT投資は、最大限のビジネス価値の付加を目指して実施しなければならない。そのための6つのポイントを見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...