中小企業のための賢いIT投資術Case Study

食品添加物メーカーのCPケルコは、PC更新時に一度の買い替えではなく、3カ年の購入計画を策定した。中小企業におけるIT投資のポイントを見ていく。

2005年12月27日 08時18分 公開
[TechTarget]

 ハードウェアの買い換えは、中小企業にとってはコストの面で特に厄介な問題だ。過去3年で従業員数が急増したCPケルコでは、従業員用PCをリースすべきか購入すべきかを分析した後、購入の3カ年計画を策定した。この策定は、同社が将来のニーズと利用可能な資金を把握および予測する上で、決定的に重要だった。

 中小企業では、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、人員など、すべてのIT投資は、最大限のビジネス価値の付加を目指して実施しなければならない。そのための6つのポイントを見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...