2005年12月27日 08時18分 公開
特集/連載

中小企業のための賢いIT投資術Case Study

食品添加物メーカーのCPケルコは、PC更新時に一度の買い替えではなく、3カ年の購入計画を策定した。中小企業におけるIT投資のポイントを見ていく。

[TechTarget]

 ハードウェアの買い換えは、中小企業にとってはコストの面で特に厄介な問題だ。過去3年で従業員数が急増したCPケルコでは、従業員用PCをリースすべきか購入すべきかを分析した後、購入の3カ年計画を策定した。この策定は、同社が将来のニーズと利用可能な資金を把握および予測する上で、決定的に重要だった。

 中小企業では、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、人員など、すべてのIT投資は、最大限のビジネス価値の付加を目指して実施しなければならない。そのための6つのポイントを見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...