2005年12月27日 08時18分 UPDATE
特集/連載

Case Study中小企業のための賢いIT投資術

食品添加物メーカーのCPケルコは、PC更新時に一度の買い替えではなく、3カ年の購入計画を策定した。中小企業におけるIT投資のポイントを見ていく。

[TechTarget]

 ハードウェアの買い換えは、中小企業にとってはコストの面で特に厄介な問題だ。過去3年で従業員数が急増したCPケルコでは、従業員用PCをリースすべきか購入すべきかを分析した後、購入の3カ年計画を策定した。この策定は、同社が将来のニーズと利用可能な資金を把握および予測する上で、決定的に重要だった。

 中小企業では、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、人員など、すべてのIT投資は、最大限のビジネス価値の付加を目指して実施しなければならない。そのための6つのポイントを見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...