2009年10月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

UMLツール紹介:JUDE編最も利用されているモデリングツール「JUDE」。その理由とは?

35万人を超える登録ユーザー数を持つ「JUDE」シリーズ。日本発のこのツールが広く利用されている理由とは一体何だろうか? 今回はJUDEの機能の特徴とともにその理由を考察する。

[小黒登行,豆蔵]

開発者の利便性を追求したツール

 2009年10月現在、「JUDE」シリーズの登録ユーザー数は35万人(※)を超えており、世界でも利用者の多いツールの1つだ。永和システムマネジメントの平鍋健児氏(現:チェンジビジョン代表取締役)が「開発者が必要とする機能を持つツールを作ろう」と開発に着手したことがきっかけとなり、当初は「Jude」という名称で公開された。1999年に商品化されて名称が大文字のJUDEに変更された後、チェンジビジョンが開発および販売を継続している。JUDEはその誕生の背景からも分かるように「開発者の利便性を追求したツール」だといえる。

※ 無償版を含む。チェンジビジョン「JUDEメンバーズ世界分布マップ」より。

JUDEシリーズ製品一覧
製品名 機能
JUDE/Community 無償のUMLモデリングツール
JUDE/Professional システム設計支援ツール
JUDE/Share 情報共有アプリケーション
JUDE/Biz 内部統制のための文書作成支援ツール
JUDE/Think! マインドマップ描画ツール

 本稿では、UMLツールである「Community」「Professional」「Share」について解説する。

photo JUDE/Professional《クリックで拡大》

 JUDEはUMLのバージョン2.1に対応しており、以下の種類のダイヤグラムを描くことができる。

対応UMLのバージョンと作成できるダイヤグラム(図表)の種類
ダイヤグラム名 対応状況 備考
クラス図      ○  
オブジェクト図      ○ クラス図に作成
パッケージ図      ○ クラス図に作成
コンポーネント図      ○  
合成構造図(コンポジット構造図)      ○  
配置図      ○  
ステートマシン図      ○  
アクティビティ図      ○  
シーケンス図      ○  
コミュニケーション図      ○  
タイミング図      ×  
相互作用概要図      ×  
ユースケース図      ○  

 相互作用概念図とタイミング図には対応していないが、通常の開発に必要十分な表記法に対応している。また、UML以外のダイヤグラムが充実している点も特徴の1つだ。

関連ホワイトペーパー

UML | モデリング | コミュニケーション | 内部統制 | C# | 組み込み


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...