2009年12月17日 00時00分 UPDATE
info Center

IT部門の負荷を軽減する資産管理の考え方Windows 7移行を機会に考え直すIT資産管理

IT資産としてかなりの割合を占めるクライアントPCの環境刷新を機会に、企業内IT資産すべての管理を見直してはどうか。Windows 7移行および、IT資産管理の見直しに役立つコンテンツを集めた。

[ITmedia]

注目のコンテンツ

「Vista飛ばし」企業のためのPC管理刷新のススメ

「Windows 7移行」はIT資産管理の4大課題をまとめて解決する好機だ

IT資産管理における喫緊の課題である「Windows 7移行」「ライセンス管理」「ユーザーの生産性向上」「グローバル対応」について、IT資産管理ツールベンダーに対策法を聞いた。


ユーザーの利便性とセキュリティを両立するLANDesk製品

Windows 7移行だけで終わらせない、その後を見越したPC管理負荷の軽減

IT資産管理ツールとエンドポイントセキュリティ製品の新バージョンをリリースしたLANDesk Software。PC管理の在り方を見直したい企業なら注目のソリューションだ。


LANDesk Software株式会社

Windows 7 とこれからのPC管理

多くの企業が次期クライアントOSとして「Windows 7」への移行を検討している。検討企業が移行計画と実施に入る前に知っておくべき、効率的な手法とは?


LANDesk Software株式会社

Windows 7移行の際に必要なポイントと対処法

多くの企業が、最新OSへの移行を検討している中、移行に際して押さえておくべき必要なポイントとは何か? またその際のITスタッフのリソースを軽減させる対処法は何か?


Windows 7が分かる! ホワイトペーパー

マイクロソフト株式会社

Windows 7の概要

エンドユーザーとITプロフェッショナルに分けて、それぞれWindows 7の機能や導入のメリットを紹介する。


マイクロソフト株式会社

Windows 7 評価ガイド

Windows 7の全体像から各機能の詳細までを解説した、Windows 7を知る上で必須のマイクロソフトオフィシャルなホワイトペーパー。


マイクロソフト株式会社

Windows 7 へのアプリケーション移行

Windows 7 へのアプリケーション移行のポイントを互換性情報をもとに詳しく解説する。


LANDesk Software株式会社

Windows 7登場!これからの「PCライフサイクル管理」をどう考えるべきか?

今やPCは一人一台の時代。Windows 7への移行も検討する企業も多い中、より効率的にPC のセキュリティ確保、ライフサイクル管理を行うことが求められている。


日本ベリサイン株式会社

「Windows 7」への対応は大丈夫?ソフトウェア署名がもたらすメリット

電子署名技術の利用によりプログラムの開発元組織の実在性とコードの完全性を保証するコードサイニング証明書。日本ベリサインでは、マイクロソフト社のロゴプログラム取得の際、必須の条件となっている同製品において、「Windows 7」環境の動作検証をいち早く完了している。


Windows 7への移行のメリットと注意点

いつ、どのように移行すべきか

Windows 7への移行を成功させるには

組織が円滑にWindows 7に移行するために必要な準備方法を、段階を追って解説する。


Windows XPからのアップグレードに備える

【Q&A】Windows 7へのアップグレードをめぐる気になる疑問に回答

Windows XPからWindows 7へのアップグレード方法は? そもそもアップグレードすべきなのか? 今、Windows XPユーザーにとって気になる、Windows 7へのアップグレードにまつわるさまざまな疑問に答える。


IPv6利用のVPNシステム

Windows 7 DirectAccessのメリットとデメリット

Windows 7に新たに搭載されたDirectAccessは、リモートアクセスのための画期的な代替策なのか。また、中堅企業にとってはどんなメリットと限界があるのだろうか。


アプリケーションの互換性確認に役立つサイトを紹介

開発者にとっての「Windows 7」とは

Windowsの新バージョンの登場で多くの開発者が直面すると思われる問題を取り上げ、Windows 7でこれらの問題に取り組むのに役立つMicrosoftの公式サイトを紹介する。


UAC、タスクバー、ジャンプリスト

Windows 7の新機能で開発者に求められる設計変更

Window 7での変更は主に外観にかかわるものだが、開発者はβ版を利用して今からプログラムのUIデザインをアップデートしておいた方がいい。