2009年03月04日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 7の新機能で開発者に求められる設計変更UAC、タスクバー、ジャンプリスト

Window 7での変更は主に外観にかかわるものだが、開発者はβ版を利用して今からプログラムのUIデザインをアップデートしておいた方がいい。

[Yuval Shavit,TechTarget]

 従来のOSアップグレードと比べると、Windows 7ではそれほど多くの新機能が導入されるわけではないが、Windows Vista(以下、Vista)からの重要な変更もある。その最大の変更は「タスクバー」だ。新しいタスクバーには、開発者がアプリケーションの操作性と効率を改善するのに利用できる新機能が幾つか組み込まれている。これらの機能は、2008年10月に開催されたMicrosoftの「Professional Developers Conference(PDC)」で発表されたが、同社が当時リリースしたプレβ版には含まれていなかった。

 しかしWindows 7β版が先ごろリリースされたことで、開発者は同OSの新しいルック&フィールに合わせてプログラムを修正できるようになった。開発者は、新しいUI(ユーザーインタフェース)エレメントを追加する前に、プログラムの基本部分を固める必要がある。Windows 7では、Vistaで導入されたUAC(ユーザーアカウントコントロール)機能が改善されたが、それでも開発者はプログラムをできるだけUACに対応させる必要がある。

 Vistaの欠点の1つは、システムに修正を加えるプロセスはすべてUACプロンプトを表示し、ユーザーに煩わしい思いをさせていることだ。Windows 7では、ユーザーが明示的に(例えば、アイコンをダブルクリックするなどして)起動したプロセスであれば、UACプロンプトが表示されなくなる。しかし、セキュリティと操作性を考えれば、UACによって権限を正しく昇格させることが重要だ。

Windows 7のタスクバーに合わせてプログラムをデザインする

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。