2010年01月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビューエンタープライズRIA開発が分かる3つのホワイトペーパー

業務アプリケーションでの採用も増えつつあるRIAにはさまざまな技術や製品がある。自社の業務に適したシステムを構築するために何が必要か? 本稿では、RIA開発に関連する3つのホワイトペーパーを紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 Webアプリケーションの進化系として「リッチクライアント」や「RIA(Rich Internet Application)」と呼ばれるアプリケーションが広く活用されつつある。コンシューマー向けサイトから始まり、現在では企業間や企業内システムに導入したり、構築を検討したりする企業も増えてきた。

 RIAシステムをより簡単に構築するにはどうすればよいのか?

 本稿では、TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から、RIA開発に関連する3つのホワイトペーパーを紹介する。

注目のRIAプラットフォームとは?

ここがポイント! Silverlight3による実践RIA開発

photo 提供:インフラジスティックス・ジャパン

 現在、RIA関連技術には「Adobe Flash」やJavaアプレット、Ajaxなどさまざまな技術が存在する。また、アドビシステムズの「Adobe AIR」、サン・マイクロシステムズの「JavaFX」、Curlといった開発プラットフォームも多く存在する。そんな中、RIA推進団体「RIAコンソーシアム」が2009年6月に発表した、Webアプリケーションの利用者を対象にしたアンケート調査「2009年3月 Webアプリケーションのビジネス利用調査」において、その認知度の伸び率が最も大きかったプラットフォームが、マイクロソフトの「Microsoft Silverlight」(以下、Silverlight)だった(前回比6%増の14.4%)。

 このホワイトペーパーでは、RIA開発におけるSilverlightの活用方法を紹介している。Silverlightを採用する利点としては「XAMLベースの表現能力」「Webベースのデプロイ効率の高さ」「マルチプラットフォーム性」などを挙げている。

 また、そうした利点を紹介するとともに、それらを最大限生かすためには「ほかのシステムとの連携や既存サービス資産の流用などを考慮に入れた、最適なアプリケーションアーキテクチャを選択することが重要だ」と説明する。さらに、SilverlightはWPF(Windows Presentation Foundation)同様にXAMLによる高いUIデザインを可能とする一方で、UIデザインに対するコストを増大させないための工夫も必要だという。

 その上で、Silverlight 3による業務アプリケーション開発を進める際に問題になりやすい部分に焦点を当てて、SilverlightによるRIA開発のポイントを解説している。Silverlight開発に際して覚えておくべき主な制約事項、サービス、データ、プレゼンテーション層など各レイヤーにおける実装指針、UIコンポーネントを利用した効率的な実装方法を紹介している。

 新しいRIAプラットフォームの開発ノウハウを理解したい方は、目を通してみてはいかがだろうか。

Silverlightに関連したホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

パソナとマルケト、「インサイドセールスBPO」を提供開始
パソナとは2016年5月30日、マーケティングオートメーションとインサイドセールスを組み合...

news076.jpg

広告をクリックした人、「意図的に」と「間違えて」がほぼ同じ割合に
マイボイスコムは、「インターネット広告」に関する調査を実施。直近1年間にインターネッ...

news061.jpg

Facebook、非ユーザーにも関連性の高い広告を配信可能に
Facebookは「オーディエンスネットワーク」を拡張し、Webサイトのパブリッシャーやアプリ...