2010年01月28日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS既存のRIAでは物足りない? トゥービーソフトが国内事業展開を強化

韓国トゥービーソフトは1月27日、日本市場における事業戦略説明会を開催した。日立システムアンドサービスとのRIA開発プラットフォームにおける協業を発表した。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 トゥービーソフトは1月26日、日立システムアンドサービス(以下、日立システム)と企業向けRIA(Rich Internet Application)のユーザーインタフェース(UI)開発・実行環境「XPLATFORM」の国内販売代理店契約を締結した。日立システムは同社のRIAソリューションの製品ラインアップにXPLATFORMを追加し、コンサルティングやシステム構築を支援する。また、同製品の販売や共同セミナーの開催などを行う。

photo トゥービーソフトの代表取締役 キム・ヒョンゴン氏

 トゥービーソフトの代表取締役、キム・ヒョンゴン氏は「既存のRIA技術だけでは、基幹システムにおける大量データ処理などの“性能面”で、企業における活用に不向きな面もある」と指摘。その上で、XPLATFORMは「RIAではなく、より企業用途に特化した機能を実現する“REA(Rich Enterprise Application)”の開発を可能にするプラットフォーム」と説明した。日立システムによると、REAとは「インターネット環境下で、企業内のさまざまな情報源からデータを活用できる機能と高い操作性を実現するソフトウェア」を指すという。

 XPLATFORMは、クライアント側のUI開発ツール「UX STUDIO」と、基幹系システム向け「XPLATFORM Runtime Version」、インストールを必要としない「XPLATFORM AJAX Version」、小型アプリケーション開発用の軽量版「XPLATFORM Widget Version」といった3種類の実行環境などで構成される。また、サーバ側のビジネスロジック開発ツール「X-UP Builder」をオプションとして組み合わせることも可能。

photo XPLATFORM概念図

 XPLATFORMはWindowsWindows CELinux、MacなどのマルチOSに対応し、一度作成したアプリケーションはPC、タブレットPCやスマートフォン、STB(セットトップボックス)などの異なるデバイスにも移植可能。さらに、CPU負荷を軽減させる「Canvas」機能によって、レスポンス性を高めている。そのほか、JavaScriptベースで開発できるため特定の開発言語を習得する必要がなく、50種類のUIコンポーネントを提供することなどによって開発生産性を高めている。

 トゥービーソフトによると、業務プロセスの複雑な連携を自動化させたり、運用データや株式情報といったリアルタイムの情報更新および大量のデータをやり取りするサーバ接続を必要とするアプリケーションで、XPLATFORMの導入効果が期待できるという。同社では、2010年度中にパートナー企業2社、導入企業20社の獲得を目指すとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

「スマホ動画は縦向き」が初めて多数派に──モバーシャルが動画視聴実態調査
動画制作と動画マーケティング支援のモバーシャルが20〜50代の男女700人を対象に、スマー...

news080.jpg

イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販...

news023.jpg

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...