2010年02月17日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSキヤノンと富士通、クラウド対応を見据えたICT機器の運用管理で協業

キヤノンのドキュメント入出力環境管理サービスと富士通のICT機器導入支援サービスを組み合わせ、複雑化する社内のIT機器管理を包括的に支援する。

[TechTargetジャパン]

 キヤノン富士通は2月16日、プリンティング機器およびIT機器の運用管理サービス分野で協業すると発表した。

 キヤノンのドキュメント入出力環境にまつわる業務を構築から運用まで包括的に支援する「キヤノン・マネージド・ドキュメント・サービス(Canon Managed Document Services)」と、富士通のICT機器の導入/運用にかかわる業務のアウトソーシング「ワークプレイス-LCMサービス」(参考記事)を組み合わせ、共同で提供する。

 両社はこれまで、インターネットを利用した複合機やプリンタの遠隔保守サービス、キヤノン製品のライセンス認証管理システムなど、さまざまなシステムの構築や運用で協力体制を築いてきた。

 今回の協業では、インターネット経由でソフトウェアや情報サービスを利用できるクラウドコンピューティングへの対応も見据え、両社の持つ技術を連携。生産性の向上とコスト削減、運用のスリム化を図るとともに、セキュリティや環境対応など新たな付加価値を提供するとしている。

 2010年3月には本格的なサービス体制を確立し、キヤノンマーケティングジャパンと富士通が共同で、日本の中堅/大手企業を対象にサービスの提供を開始。今後3年間で100社のサポートを目指す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー利用者、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...

news019.jpg

動画広告活用がマス広告の補完だけで終わらない理由
マスとデジタルをミックスしたマーケティング全体の最適化が本格的に議論されるようにな...