2010年02月18日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS「社内外にあふれる情報の分析/活用がビジネス最適化の近道」、SASの2010年戦略

SASが2010年度上期の戦略を発表。経営分析ソリューションBusiness Analyticsを中心に顧客分析/リスク管理分野を強化し、パートナーとの協業を加速する。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 SAS Instituteは2月17日、2010年度上期のビジネス戦略を発表した。同社は2009年の決算で34年連続のプラス成長を記録。中でも経営にかかわる情報を分析/検証する「Business Analytics (BA)ソリューション」への顧客要求が高く、引き続き同製品を中核とした顧客分析/リスク管理分野を強化するという。

画像 収益拡大には「情報量に見合ったストレージの確保」「プロセスの自動化」「情報管理/ガバナンス」「ビジネスの可視化」が重要だとするキース氏

 上席副社長兼最高技術責任者(CTO)のキース・コリンズ(Keith Collins)氏は「2009年末の傾向を見ても、BI(Business Intelligence)/BA市場の拡大はほぼ間違いない。BIツールによって可視化された情報の検証、および社内外に潜む多くの情報からの顧客ニーズを引き上げることがサプライチェーンの最適化に有効だ」と述べた。

 具体的に顧客分析では、ブログやSNSに書き込まれた情報を基に顧客につながる人間関係、および付随する非構造化データを分析/検証するSMA(Social Media Analysis)とSNA(Social Network Analysis)の融合が重要だとする。SAS Institute Japan代表取締役社長の吉田仁志氏はこの分析法を携帯電話の契約に当てはめ「Aが加入したらAの恋人や家族も契約するというように、1人の顧客から発生するグループを見つけ、どのような行動を取り得るかを分析する」と説明した。

 またリスク管理では、口座や住所、電話番号などの顧客情報や送金元/送金先の関連性を分析/予測することで、ある顧客が不正を働いた場合に容疑者間のつながりを抽出・アラートを出すような仕組みが必要だとする。振り込め詐欺やカード偽装などの犯罪を予測し、事前にリスク回避を図るという。

国内では官公庁、製造業など戦略的協業を四半期ごとに実施

 そのほか同社では、2010年の取り組みとしてパートナー企業との強化も掲げた。世界規模では医療などをターゲットにアライアンスパートナーとの協業を進めるとし、2月17日付でアクセンチュアとアライアンス製品での関係強化を発表した。国内向けにも、同日発表した日立システムアンドサービスとの協業を皮切りに、今後四半期に一度を目安とした官公庁、製造業向けサプライチェーンマネジメント分野での協業を進めていく考えだ。

 吉田氏は、昨今の情報化社会の現状を踏まえて「企業が保有する情報量は増加する一方で、共有が進まない。2010年以降は既存製品のSaaS(Software as a Service)提供も視野に、分析プロセスの共有、実践的な情報活用を支援していく」と抱負を語った。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

「LINE LIVE」にインストリーム広告、配信者に収益を還元
LINEは「LINE LIVE」上の運用型広告「LIVE Video Ads」の提供を開始した。

news098.jpg

「Best Global Brands 2017」が発表、NetflixとSalesforce.comが初のランクイン
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016...

news078.jpg

オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフス...