SBTとBOが協業、Webマーケティング向けBIソリューション販売へNEWS

Webマーケティングソリューション「Web解析 Plus BI ソリューション」を共同開発。Webアクセス解析データと購買実績やCRM、SFAなどの業務システムをひも付けて売り上げ分析や顧客分析を行うことができる。

2008年08月08日 17時06分 公開
[TechTargetジャパン]

 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は日本ビジネスオブジェクツと業務提携し、「Web解析 Plus BI ソリューション」を開発、8月11日より提供を開始する。

 Web解析 Plus BIソリューションは、サイト来訪者の導線分析に基づくWebアクセス解析データと購買実績やCRMSFAなどの業務システムをひも付けて売り上げ分析や顧客分析を行うことができる。また、データウェアハウスの分析結果をBIソリューションで直感的に分りやすく表示し、経営者層や業務担当者にリアルタイムでフィードバックできる。

 Web解析 Plus BI ソリューションの提供におけるSBTの役割は以下の通り。

  • Webアクセス解析ツールの販売と導入支援サービスの提供
  • ビジネスオブジェクツ製品の販売と導入支援サービスの提供
  • データウェアハウスの設計&構築
  • ソリューション導入後の保守・運用およびコンサルティングサービスの提供

 SBTはWeb解析 Plus BIソリューションを中心としたWebマーケティングソリューション分野において、今後3年間で累計30億円の売り上げを目指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。