2010年07月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ERP製品カタログ【第1回】ワークスアプリケーションズ「COMPANYシリーズ」を貫く“本来のパッケージ”という開発思想

ワークスアプリケーションズのERP「COMPANYシリーズ」はERPに付きもののカスタマイズを最小限に抑える開発思想が特徴だ。“本来のパッケージ”を目指す同製品のコンセプトを聞いた。

[吉村哲樹]

 独自の製品コンセプトを武器に、国内ERPパッケージ市場でシェアを伸ばしつつあるワークスアプリケーションズ。特に、人事・給与分野のパッケージ製品は国内でトップシェアを誇る(矢野経済研究所調べ、2002〜2008年 ライセンス売上高シェア)。また、2005年から提供を開始した会計パッケージも、その製品コンセプトに多くの企業が導入メリットを見いだし、順調にシェアを伸ばしつつあるという。

 ERPパッケージの世界では昨今、「IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)対応」が花盛りだが、これに対しても同社は独自の方針とメッセージを打ち出している。本稿では、同社製品の特徴とIFRSへの対応について、その概要を紹介する。

カスタマイズやアドオン開発を不要に

 ワークスアプリケーションズは、自社製品を「COMPANYシリーズ」というブランドに統一している。COMPANYシリーズは、分野別に「COMPANY 人事給与シリーズ」「COMPANY 会計シリーズ」などに分かれており、さらにその下に業務別の個々のパッケージ製品が位置付けられている。

関連ホワイトペーパー

ERP | 人事 | 帳票 | Excel | 業務プロセス | 内部統制 | 基幹システム | 経営


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

CMOにふさわしいのは社内の人材? 社外のスペシャリスト? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンは、同社主催イベント参加者などを対象にマーケティング業務の変化に...

news109.jpg

電通テック、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」を提供開始
電通テックは、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」の提供を開始した。

news072.jpg

日本経済新聞社が動画マーケティング支援のViibarと資本業務提携
日本経済新聞社とViibarは、資本業務提携に関する契約を締結した。