2010年09月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第4回】オンプレミスとの連携を意識した「Windows Azure」

Windows Azure Platformは、オンプレミスで多数のWindowsアプリケーションを保有し、積極的にクラウドを利用したいと考えているユーザーにとってうってつけの環境である。

[加藤 章、内藤礼志,電通国際情報サービス]

 本連載ではパブリッククラウドを使った企業向けシステム構築について解説している。第1回のAmazon Web Servicesから、Force.comGoogle App Engineと続けてきた。最終回でもある今回はWindows Azureを取り上げる。毎度申し上げていることではあるが、変化の激しい分野でもあるので、記載されている情報は原稿執筆時点のものであることをご了解いただきたい。

Windows Azureの成り立ち

 Windows Azureは、米Microsoftが2010年1月に提供を開始したエンタープライズ向けのアプリケーションプラットフォームである。本連載で扱う4つのパブリッククラウドの中では最後発のクラウド基盤となる。

 Microsoftは言うまでもなく、ビジネス分野における世界最大のソフトウェア供給会社である。一部コンシューマー向けにMSNやWindows Live、Bingなど、クラウドに親和性のあるインターネットサービスも行っているが、ビジネス向けにはいわゆる「オンプレミス」型の商材で現在の地位を築いてきた。「クラウド」とは対極の存在であったことは間違いなく、Windows Azureについても社内で激論が交わされたと聞く。リリースに際して相当の紆余(うよ)曲折があったことは想像に難くない。

 先般の報道「MS、クラウド事業に本気――米本社幹部『社員の9割の時間をクラウドに』」にもあったようにMicrosoftは「完全にクラウドに舵を切った」とされている。既存のビジネスとどのように折り合いを付けたのか、ユーザーにはどんなメリットがあるのか、以下に概観していきたい。

Windows Azureの概要

 Windows Azureというと、Microsoftのエンタープライズ向けクラウドサービス全体を指すことが多い(本稿のタイトルはこの慣例に倣いWindows Azureとした)。厳密にはWindows Azureはクラウド基盤上のOS(正確には各インスタンス上のOS)にすぎない。PaaS(Platform as a Service)として本格的に活用するには、OSと共にDBMS(SQL Azure)、サービスバス(Windows Azure Platform AppFabric)を組み合わせて考える必要がある。この三者を合わせて「Windows Azure Platform」と呼ぶ。少々ややこしいが、鳥瞰(ちょうかん)図を下記に示すので理解の一助としていただきたい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

ITシステムやソリューションなどのBtoB購買者は何を求めているのか
ClickZ.comに掲載された記事では、Explore(探索)、Evaluate(評価)、Purchase(購買)...

news054.jpg

富士通、オムロン草津工場にて「ものづくりビッグデータ分析」の実証実験を開始
富士通は4月22日、オムロンの草津工場において、プリント基板表面実装ラインの品質向上/...

news005.jpg

第2回 ビジネスを継続していくために――BtoB企業に不可欠な「分析の知」
ビジネスを続けていくには、継続してお客さまを見つけることが必要。安定的な取引がある...