2010年12月06日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS医療分野が前年比成長率「2.8%増」でトップ 2010年国内産業別IT支出動向

IDC Japanが「国内産業分野別IT支出動向および予測」を発表。景気回復に伴い前年比でプラス成長した分野が多い中、2010年最も成長率が高かったのが医療分野(2.8%)だった。

[TechTargetジャパン]

 調査会社IDC Japanは12月2日、「国内産業分野別IT市場における2010年上半期の分析と2010年〜2014年の市場規模予測」を発表した。これによると「2010年の国内IT市場規模は12兆3373億円、前年比成長率0.6%のプラス成長になる」という。また、「2009年〜2014年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.5%、2014年の市場規模を12兆5619億円」と予測。IDC Japanでは「日本経済は徐々に明るさが増しており、それに伴いIT支出は緩やかな回復基調を示している」としている。

 さらに、2010年は景気回復に伴いIT支出がプラス成長に転じる産業が多く見られると分析。特に、高い前年比成長率を示しているのが「医療分野」(前年比成長率 2.8%増、市場規模 4619億円、以下同)だという。次いで、「情報サービス」(2.4%、7229億円)、「公共/公益」(1.6%、2468億円)と続く。

photo 国内IT市場 主要産業の前年比成長率の推移予測:2009年〜2012年(IDC Japan)

 一方、「証券/そのほか金融」(マイナス2.2%、2633億円)、「建設/土木」(マイナス1.1%、1562億円)、「一般サービス/そのほか」(マイナス1.0%、5515億円)などの産業では、業績回復の遅れにより、IT支出の前年比成長率はマイナス。事業仕分けや公共事業の見直しに伴うIT政策見直しなどの要因によって、「官公庁」(マイナス2.5%、7046億円)はマイナス成長になる。

 同社では「2011年は経済環境の改善に伴って多くの産業分野でIT支出のプラス成長が持続する」とし、2011年の国内IT市場は「前年比成長率0.5%、市場規模12兆3951億円」と予測している。特に「通信/メディア」(2011年の前年比成長率:3.5%、市場規模1兆8226億円)では、通信事業者による「LTE(Long Time Evolution)」など次世代携帯規格のインフラ構築によって高い成長率を予測している。

関連ホワイトペーパー

CEO | CIO | IT投資 | 製造業 | 流通業


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマー...

news126.jpg

「楽天市場」に企業のブランドサイトを設置、楽天データマーケティングが「RMP-Brand Gateway」を提供開始
楽天データマーケティングは「楽天市場」において、企業がブランドサイトを設置できる広...

news131.jpg

広告配信のパフォーマンスを最大化する予算配分をAIで自動算出、サイバーエージェントがシステム提供
サイバーエージェントは、広告コンバージョン最大化を実現するAIシミュレーションシステ...