2011年05月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

マイグレーションの問題点を解決できるか?Office 365への移行をサポートするサードパーティー製品が登場

「Office 365」へ移行するためのサポートツールが出始めた。しかし、オンプレミスアプリケーションとクラウドが共存するハイブリット環境では、Office 365のメリットが損なわれる恐れがある。

[Ed Scannell,TechTarget]

 米Microsoftは2011年4月18日にOffice 365の最初のパブリックβをひそかにリリースしたが、これを受けて、一部のソフトウェアメーカーから、オンプレミスアプリケーションと大量のデータセットを新しいサービスベースのプラットフォームに移行するための製品がリリースされている。

 米Quest Softwareや米MetaVis Technologiesなどのソフトウェアメーカーが提供するこれらの製品は、さまざまなマイグレーション関連の問題についてMicrosoftから対応策が出されるのを待ち続けているIT企業に歓迎されている。

 あるシステム管理者は、自分が管理している施設ではExchange Serverにかなりの投資をしているが、ハードウェアの老朽化が進んでいるため、早めにサーバを統合してOffice 365に移行したいと明かす(Exchange Server管理者のOffice 365移行準備に関しては関連記事「『Office 365』で変わるExchange管理者の役割」を参照してほしい)。また、米国の大手の銀行でシステム管理者を務めるユージーン・リー氏は、「Microsoftが提供している無料の(マイグレーション)ツールでは不十分なので、使えそうなプログラムがあれば検討する」と話している。

 移行に着手する際、IT企業は主として製品を共存させるための技術を探す。リスクを抑え、ユーザーの生産性を削ぐ中断を少なくするためだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...