2011年06月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アナリストいわく「Dellはクラウドを正しく理解している」Dellのクラウド戦略、その狙いと製品を探る

クラウドサービスと製品を着実に強化してきた米Dell。彼らのクラウド戦略はユーザー企業に受け入れられるだろうか?

[Carl Brooks,TechTarget]

 企業のIT担当者はクラウドコンピューティング関連のベンダーを探したとき、そこに意外な企業の名前を見つけるかもしれない。コンピュータハードウェアメーカーの米Dellは、クラウド市場の急速な発展と企業からの需要増大に対応すべく、自社の企業イメージと製品ラインを大幅に刷新する考えだ。

 Dellによると、同社は2011年、オンデマンドアプリケーションプラットフォーム(具体的には自社のデータセンターで運用する米MicrosoftのAzure)に加え、企業ユーザー向けにVMwareベースのクラウドインフラを提供する予定だ。これに先立ち、同社は新たなクラウド構想のキックオフとして、4月初めに仮想化技術とプライベートクラウドの配備用として構成済みのハードウェアアプライアンス製品シリーズを発表した。

 同社の新しいIaaS(Infrastructure as a Service)製品の詳細は不明だが、米Amazon、米Rackspace、米GoGridなどの企業が提供する(誰でもクレジットカードで利用できるような)小口ユーザー向けのサービスではなく、サブスクリプションモデルが基本となり、Dellのデータセンターで運用される見込みだ。

 同社は、AzureおよびVMwareをベースとするクラウドサービスを提供するデータセンターを新たに10カ所開設するという壮大な計画を立てているが、この取り組みがユーザーに支持されるかどうかは不明だ。

クラウドの時流に乗ろうとするDell

 「これが独自の方向性を持った取り組みなのかどうか、はっきりしない」と話すのは、米調査会社Forrester Researchのアナリスト、ジェームズ・スタテン氏だ。Dellはクラウドコンピューティングを正しく理解していると同氏は考えている。かなり以前から「Dell Data Center Services」がクラウドプロバイダーの間に浸透しているからだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

「LINE LIVE」にインストリーム広告、配信者に収益を還元
LINEは「LINE LIVE」上の運用型広告「LIVE Video Ads」の提供を開始した。

news098.jpg

「Best Global Brands 2017」が発表、NetflixとSalesforce.comが初のランクイン
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016...

news078.jpg

オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフス...