2011年06月30日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザーvs.ベンダー、クラウドトークバトル(後編)クラウドコンピューティングの今後の行方 〜利用実態と将来展望を議論

JUASのセミナー「今あらためて探るクラウド活用」の後半では、パネリストとして参加したユーザー、ベンダー各社が、JUASやIPAの調査結果を踏まえ、クラウドの現時点での利用と今後の行方について議論を交わした。

[富樫純一]

国内企業はクラウドの可用性に懸念

 セミナー前半では、JTBビジネスイノベーターズの北上真一氏、東京海上日動システムズの小林賢也氏、リコーの石野普之氏によるユーザー3社のクラウドサービス採用事例、NECの林雅弘氏、セールスフォース・ドットコムの宇陀栄次氏、NTTコミュニケーションズの館 隆志氏によるベンダー3社のクラウドビジネスの取り組みが紹介された(記事前編:「JTB、東京海上、リコー、先進ユーザーのクラウド活用事例」)。それに続いて発表したのが、日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)の細川泰秀氏だ。

画像 JUAS 細川氏

 JUASは毎年、経済産業省から委託を受けて「企業IT動向調査」をリポートとしてまとめている。2011年3月に発表された「企業IT動向調査2011」では、クラウドに関する調査も行われており、それらの調査結果を引用しながら、クラウドに関するJUASとしての見解を紹介した(参考:「基幹系クラウドの期待と現実、調査結果で赤裸々に」)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...