2011年06月24日 09時00分 公開
特集/連載

JTB、東京海上、リコー、先進ユーザーのクラウド活用事例ユーザーvs.ベンダー、クラウドトークバトル(前編)

クラウド活用をテーマに、ユーザーとベンダーが本音でトーク。クラウドは企業システムのどこまでに適用可能か? クラウド活用を検討している企業、これからのITインフラの在り方を模索している企業は一読の価値有り。

[富樫純一]

 2011年6月、社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)は「今あらためて探るクラウド活用」と題したセミナーを開催した。ユーザー3社、クラウドベンダー3社など総勢9人のパネリストが登壇し、クラウドコンピューティングに関する熱のこもったトークバトルが繰り広げられた。前編では、クラウドサービスを提供するベンダーの取り組みと、クラウドサービスを活用しているユーザーの事例を紹介する。

画像

ユーザーとベンダーが一堂に介す

 1962年設立という長い歴史を誇るJUASでは、経産省の「企業IT動向調査2011」(参考:「基幹系クラウドの期待と現実、調査結果で赤裸々に」)をはじめとする調査・研究活動とともに、最新技術の普及啓発を目的として定期的にセミナーを開催している。今回の「今あらためて探るクラウド活用」は当初3月に予定されていたが、東日本大震災の影響により約3カ月順延。震災後のBCP(事業継続計画)やクラウドコンピューティングに関して企業の意識が高まっていることから、このほど仕切り直して開催された。

 セミナーは、討論会形式で進められた。クラウドを活用しているユーザー企業の代表として参加したのは、JTBビジネスイノベーターズ 代表取締役常務の北上真一氏、東京海上日動システムズ ITサービス本部長代理の小林賢也氏、リコー IT/S本部 IT/S企画センター所長の石野普之氏の3氏。また、クラウドサービスを提供しているベンダー企業からNEC 製造・装置業サービスソリューション事業部長の林雅弘氏、セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長の宇陀栄次氏、NTTコミュニケーションズ ビジネスネットワークサービス事業部 ユビキタスコミュニケーション部長の館 隆志氏の3氏が参加した。これに、コメンテーターとして日経BPの星野友彦氏、JUAS顧問の細川泰秀氏、さらに司会進行役としてナレッジサインの吉岡英幸氏を加えた9人のパネリストによって討論が行われた。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。