2011年07月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「国際モダンホスピタルショウ2011」イベントリポート国際モダンホスピタルショウで見た、ITが変える医療の未来像

2011年7月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイトで「国際モダンホスピタルショウ2011」が開催された。本稿では、医療情報システムに関する出展ブースの内容を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo

 「いのちの輝きを! 未来を創る健康・医療・福祉 〜さらなる連携を目指して〜」をテーマに掲げた国際モダンホスピタルショウ2011(以下、ホスピタルショウ)。今回の出展企業数は303社、総来場者数は7万7130人となった。展示会場は「医療機器、環境設備ゾーン」「医療情報システムゾーン」「看護ゾーン」「介護・リハビリゾーン」「健診・ヘルスケアゾーン」「施設運営サポート・サービスゾーン」の6つに分かれており、その中でも出展企業数が最も多かったのが医療情報システムゾーン(112社)だった。

患者状態を軸とするクリニカルパスの策定を支援

 入院患者の病気を治す上で必要な治療や検査、ケアなどの診療プロセスを時間軸(日付)に沿ってスケジュール表にした「クリニカルパス」。クリニカルパスは、患者ケアの質的向上と効率化、医療の標準化を目的としてさまざまな医療機関で策定されている。京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)と京セラ丸善システムインテグレーション(以下、KMSI)は、そうしたクリ二カルパスの策定を支援する診療プロセス管理システム「PCAPS-Administrator」を出展していた。

 PCAPS-Administratorは、KCCSとKMSIが東京大学大学院工学系研究科「医療社会システム工学寄付講座」(飯塚悦功特任教授、水流聡子特任教授)と共同で開発したシステム。その特徴は、「PCAPS(Patient Condition Adaptive Path System:患者状態適応型パス)」で管理する点だ。

 2004年に飯塚教授が提唱したPCAPSは「品質工学の手法を医療に応用し、患者の状態に沿った多様な診療を可能にする手法」。KCCSによると、時間を軸とする従来のクリニカルパスでは患者状態の変化への対応が難しく、策定したクリニカルパスが最後まで利用されず途中で離脱してしまう確率が高いという。一方、PCAPSでは患者状態の変化に応じた計画変更や合併症への対応なども柔軟に実施可能で、より適切な患者ごとの診療プロセスを策定できるとしている。

photo PCAPSシステムの概要図。臨床知識を電子化する「Builder」、診療プロセスの策定や実施を行う「Administrator」、診療結果を集計・分析する「Analyzer」などで構成される

photophoto 診療計画策定画面(左)と臨床プロセスチャート(右)《クリックで拡大》

 現在、PCAPS-Administratorは麻生 飯塚病院の脳外科分野などを中心に複数の医療機関での実証実験が行われている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...