2011年07月26日 09時00分 UPDATE
特集/連載

プライベートクラウドを成功へ導く4つのステップ(前編)プライベートクラウド導入に向けたIT資産の考え方

データセンター全体を抽象化するプライベートクラウドによって、企業のIT環境は大きく変化する。前編では、プライベートクラウドの定義とプライベートクラウドで必要なコンポーネントについて紹介する。

[Greg Shields,TechTarget]

 最近では、クラウドコンピューティングに関するあらゆることが話題になるようだ。だが、プライベートクラウド戦略を構築する上では、仮想化が重要なステップになる。あなたの会社がITインフラの一部を既に仮想化しているなら、プライベートクラウド導入への道のりは、思いの他近いだろう。

 このところ、クラウドのメリットと仮想化固有の制約が非常に注目されている。仮想化では、仮想マシン(VM)やVMのパフォーマンス、物理サーバの仮想化による効果が大きな関心事だ。プライベートクラウドでは、より広い視野に立ち、VM自体にではなく、VMがホストされるインフラ全体に焦点を当てることになる。

プライベートクラウド戦略を構築する理由

 うたい文句をうのみにせず冷静に考えても、クラウドのメリットは実現する価値があるのだろうか。それは間違いない。しっかりしたプライベートクラウド戦略を立てるには、まず仮想データセンターの考え方を受け入れる必要がある。このアプローチにより、自社のインフラでクラウドのメリット、つまりリソースの最適活用、サービス提供力の強化、リソース利用状況の可視化を享受できる。

 以下の4つのステップは、プライベートクラウド戦略を構築し、クラウドのメリットを実現するのに役立つ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...