2011年08月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティは他の企業が担当すべき分野?「セキュリティ上、AppleはiOSをオープンにすべき」とKasperskyのCTO

iOSをオープンにすることは、セキュリティの観点で吉か凶か。現時点ではオープンなAndroidよりも高いセキュリティを実現しているが、今後もその状態が続くのか?

[Robert Westervelt,TechTarget]

 ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labの最高技術責任者(CTO)であるニコライ・グレベニコフ氏は英Computing誌の取材に応じ、「米AppleはモバイルOSのiOSをオープンにし、同プラットフォーム向けのセキュリティソフトウェアを開発しやすくするべきだ」と語った。

 「Appleは現行のクローズドなアプローチをいつまでも続けているわけにはいかない。私の考えでは、Appleは競争力を維持するために同プラットフォームを1年以内にオープンにすることを検討すべきだ。あれだけの製品を開発しながら、その上、セキュリティの分野でまで世界のリーダーになるのは不可能だ。それは他の企業が担当すべき分野だ」と同氏はComputing誌に語っている。

 これは興味深い指摘だ。AppleがiOSに制限を設けていることで、アンチウイルスベンダーは事実上、Apple端末では従来のセキュリティソフトウェアを有効に動作させることができない。だがセキュリティ専門家の大半は、「iOSはアプリケーションに制限があり、さらにソフトウェア開発者にも制約が課せられていることから、セキュリティ攻撃を受けにくいプラットフォームになっている」として、同プラットフォームを高く評価している。iOSで動作するアプリケーションは相互に隔離されているため、マルウェアがiOS端末の重要なプロセスにアクセスするのは非常に難しいのだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...