2011年09月08日 10時19分 UPDATE
特集/連載

Kinect活用法をシミュレーションWindows 8とKinectの統合がもたらす8つのシナリオ

Kinectに対応するとウワサされるWindows 8だが、一体何の役に立つのか? 企業のITに役立ちそうな用途を8つ考えてみた。

[Greg Shields,TechTarget]

 かつてないスピードで売れている家庭用電化製品端末としてギネス世界記録に認定されたMicrosoft Kinectについて、今さら詳しい紹介は必要ないだろう。カメラとモーションセンサーを内蔵したハードウェアに、非常にスマートなソフトウェアを搭載したこのテクノロジーの用途としてすぐに思い浮かぶのはゲームだ。しかし、IT管理やシステム管理での利用方法は不明なままだ。

 うわさによると、Kinectの業務利用が検討されているという(参考:ゲームコントローラー「Kinect」にビジネス用途の可能性はあるか?)。Windows 8のスクリーンショットには、“人物検知(Detect Human Presence)”の言及がある新しい「センサー」コントロールパネルが収められていた。映画「2001年宇宙の旅」に登場するHAL 9000は喜ぶだろう。

 KinectとWindows 8はIT管理にどのような変革をもたらすだろうか? ここでは、思い付くシナリオを8つ紹介したい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。