2011年10月25日 09時00分 UPDATE
特集/連載

注目すべきは画面転送だけでない3D対応やVoIPも実現、VMware View 5の新機能とライセンス

ヴイエムウェアから新しいデスクトップ仮想化製品「VMware View 5」が登場した。3Dアプリケーションへの対応やVoIPの実現、セキュリティ強化、ユーザー管理、監視など幅広い機能的向上が図られた。

[今井悟志]

VMware View 5で何が変わったのか

 製品の新バージョンを続けざまに登場させているヴイエムウェアから、今度はデスクトップ仮想化製品の新バージョン「VMware View 5」が登場した。ハイパーバイザーを最新バージョン「VMware vSphere 5」(関連記事:ライセンスのカウント方法も分かる! VMware vSphere 5の全貌)にするとともに、さまざまな機能追加および強化がなされ、デスクトップ仮想化製品として使いやすいように改善されている。具体的に、VMware View 5でどのような機能追加および強化がされたのだろう。

 ヴイエムウェアの公開Webページ「VMware View 5」でも主な機能の説明がなされているが、本稿では追加・拡張された機能を利用者の視点で分類し直し、かみ砕いて解説する。

関連ホワイトペーパー

VMware | 仮想化 | VoIP | コールセンター | iPad


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

ブレインパッド、マッチングエンジン「Conomi」を新開発
ブレインパッドは、マッチングエンジン「Conomi」を開発したことを発表した。

news134.jpg

「Logicad Video Ads」が機能拡充、動画広告メニューを拡張
ソネット・メディア・ネットワークスは、動画広告配信強化の一環として「Logicad Video A...

news017.jpg

ビズリーチ青山弘幸氏に学ぶ、事業を成長させるプロマーケターの仕事術
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...