2011年10月27日 09時00分 UPDATE
特集/連載

無線WANサービスをめぐる5つの誤解(前編)「3G無線WANは遅くて不安定」という誤解

3G/4G回線をWANとして活用することに抵抗を覚える企業は多い。だが、懸念点の中には誤解も含まれている。前編では、2つの誤解を明らかにする。

[Amy DeCarlo,TechTarget]

 無線WANサービスのメリットは、有線インフラが整備されていないリモートオフィスにネットワークアクセスを提供できるというだけにとどまらない。柔軟性とセキュリティに優れた安価な方法で支店・支社と接続する手段も提供できるのだ。理屈の上では無線WANサービスは非常に魅力的に思えるが、多岐にわたるモバイル通信用セルラープロトコルや複数世代の技術が複雑に絡み合って多くのIT管理者を混乱させているのが現実だ。この混乱は無線WANサービスの基本的な機能をめぐる誤解を招き、多くのネットワーク管理者が無線WANをバックアップ手段としてしか検討しないという状況につながる可能性がある。

 無線WANサービスは、全ての用途に最適な選択肢だとはいえないが、意識の高いネットワーク管理者であれば、特定の環境ではこの技術がベストな接続方式になる場合が多いことを理解できるだろう。本稿では、無線WANサービスにまつわる誤解を解き、この技術があなたの会社のWANに適しているかどうかを判断するための手掛かりを提供する。

「無線WANサービスは支店との主要な接続手段にはなり得ない」という誤解

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...