2012年01月17日 09時00分 UPDATE
特集/連載

調査で明らかになったモバイルBIの導入意欲モバイルBIを重視するも企業規模で異なるモバイル端末導入意欲

調査によって企業がモバイルBI導入を重視していることが分かった。しかし、小規模企業や大規模企業に比べて、中規模企業はモバイル端末導入に消極的だという。その理由とは?

[Nicole Laskowski,TechTarget]

 米Gartnerの元アナリストで米Dresner Advisory Servicesの創業者のハワード・ドレスナー社長は、2010年に米Appleが初代iPadをリリースしたのを機にモバイル市場が非常に熱気を帯びたと感じた。携帯端末が進化し、その影響力が高まったのを受けてドレスナー氏は2010年の調査計画を変更し、モバイルビジネスインテリジェンス(BI)をめぐる状況──その重要性、人々の期待、ユーザーとソフトウェアベンダーとの間の潜在的ギャップなど──を調査対象に含めることにした。

 ドレスナー氏は現在、このテーマに再び取り組んでいる。同氏は2011年11月、3回目のモバイルBI調査(市場の急速な変化のため、最初の報告から半年後に2回目の調査を実施)の結果を発表した。今回の調査では、モバイル市場が相変わらず活気付いており、導入・配備を計画する企業が増えているという状況が示されたが、モバイル利用企業がBIを重視していることなど、意外な発見もあったという。

 「iPhoneとAndroid端末の功績は、携帯電話を非電話、そして非電子メールプラットフォームに変えたことだ」とドレスナー氏は指摘する。「それらは情報端末であり、アプリケーション端末なのだ」

 こういった端末から情報とアプリケーションにアクセスする機能は、企業にとって重要性が増しており、従業員の間で普及が進んでいる。ドレスナー氏の最近の調査結果によると、170社の回答企業の68%が、モバイルBIが業務に「不可欠」あるいは「非常に重要」だと答えた。2010年の調査でそう答えたのは52%だった。逆に、モバイルBIは「重要でない」と答えた回答者の割合は、2010年の11%から2011年の2%に減少した。調査で用意された質問は28問で、回答者はDresner Advisory Servicesの顧客の他、TwitterやLinkedInなどのソーシャルメディアサイトから募集した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...