2012年04月20日 18時30分 UPDATE
特集/連載

初代iPadが見捨てられるXデー古いiPadはもう使いものにならないのか?

新しいiPadがリリースされ、初代およびiPad 2ユーザーは自分のタブレットがAppleやアプリ開発者から見捨てられ、陳腐化することを恐れている。Appleのリリース計画に合わせてひたすら新型を買い続けるしかないのか?

[Vince Font,TechTarget]

 2012年3月16日に正式にリリースされた第3世代のiPadは市場に快く迎え入れられ、発売から72時間で300万台が売れた。

 新しいiPadのレビューも続々と公開されているが、大きく報道されたWi-Fiの接続問題や本体温度の問題の他に、初代iPadとiPad 2の所有者からはこんな疑念が聞かれる。

 「米Appleの急進的なリリーススケジュールは、わずか1、2年前に少なくとも499ドルした前世代の端末を陳腐化する策略ではないか?」

 新しいiPadのリリースは、すぐに陳腐化することが運命付けられている製品のユーザーに、最新で最高の製品を再び購入させるAppleの用意周到な計画なのだろうか? それとも、この陰謀論は、さらに洗練されたテクノロジーがすぐに登場することを見抜けなかった、既存のiPadユーザーの言いがかりにすぎないのだろうか。

 実際のところ、256MバイトのRAMとシングルコアプロセッサの初代iPadでは、Photoshop TouchやiPhotoなど、実行できない注目のアプリがある。また、多くの初代iPadユーザーが、2012年初めにiOS 5のアップデートが提供されてから動作が遅くなったと不満の声を上げている。iPad 2ユーザーも、高解像度のRetinaディスプレーを念頭に開発されたアプリが登場したら、同じ運命をたどるのだろうか。

ビジネス戦略かイノベーションか

 米MobileTraxの主席アナリストであるゲリー・パーディ博士は、この状況を如才ないビジネス戦略と前人未到のスピードで進むイノベーションが融合した結果だと見ている。

 「Appleは24カ月たったら壊れる部品を製造していると言うことではない。長期使用に耐えられる製品を作っているが、技術の改良や進歩を取り入れて、よりよい製品を生み出しているということだ。もちろん、新技術を取り入れることで、旧バージョンの利用者の大半が、新しい改良された端末を欲しがるようにしむける、計画的陳腐化も織り込まれているだろう。私はこれを“購買意欲刺激要素”と呼んでいる。Appleは他社と同様に、2、3年単位で新しい改良モデルが出されたら、思わず買い替えたくなる素晴らしい製品を作ることで、再び収益が流れ込む仕組みを確立しようとしている。iPhoneも5、6、7……と続々と発表されるだろう。ユーザーはそんな新製品に購買意欲を刺激され、ついにはアップグレードする」(関連記事:これがAppleの「iPhone 5」だ!(臆測、うわさ、リークによると)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

サイバー・バズ、インターネット向けCM動画制作サービスをギークスと共同開発
サイバーエージェントの連結子会社サイバー・バズは、動画事業を展開するギークスと共同...

news077.jpg

ピツニーボウズジャパンとLOCUS、対話式パーソナライズド動画ソリューションで協業
ピツニーボウズジャパンとLOCUSは、対話式パーソナライズド動画ソリューションの提供にお...

news071.jpg

Tポイント購買データとテレビ視聴データを活用した分析サービス、CCCマーケティングが提供
CCCマーケティングは、企業が自社のマーケティングにTポイント会員6000万人の生活者デー...