2012年05月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

【IFRS】プロジェクト成功の切り札「PMO」活用法【第2回】事例で見る、プロジェクト別PMO使いこなし

第1回で説明したようにPMOの役割はさまざまだ。その役割はプロジェクトの特性によって変わり、プロジェクト管理スキルにとどまらず、業務・システム開発の知識や調整・問題解決スキルが必要とされる。連載第2回では具体的な事例を基にユーザー企業にとってのPMO活用法を解説しよう。

[福島毅,アクセンチュア]

 前回は、企業におけるプロジェクト運営の難易度が高まる中、プロジェクトを成功に導くためのプロジェクトマネジメントオフィス(以下 PMO)の在り方について、プロジェクトの特性に応じて求められる役割、類型を中心に考察した。今回は、実際にPMOとして参画した事例に基づき、プロジェクトの置かれた状況に応じて、具体的にPMOがどのような役割を果たしたのか紹介したい。

事例1 システム開発プロジェクトPMO/テーマ別検討支援PMO 〜ユーザー主導のシステム開発プロジェクト(製造業A社)

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...