2012年06月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドガバナンス現在進行形【番外編2】【市場動向】着実に姿を現しつつあるクラウド化したIT市場

オープンで相互に接続されたクラウドの実現に向けて、IT市場では何が起きているのか。単一世界政府が存在しない以上、クラウドにおけるエコシステムの形成は共同規制に寄らざるを得ない。

[川田大輔]

レジリエンスな環境形成のための努力

 番外編1「エンドユーザーによるクラウド設備実査要求は百害あって一利なし」では、レイヤーごとに適切な設計手法(ディペンダブル、ロバスト、レジリエンス)が違い、多様性が十分担保されたクラウドサービスにとっては、レジリエンスな設計が有効であることを説明した。

 先んずれば人を制すという。今起こりつつある変化の結果どのような市場が姿を現すのかを予測したい。本稿では、最近の研究が示す一般的な性質に基づいてクラウド化したITサービス市場がどのような姿になるかを予測し、縮小する国内市場にとどまるリスクについて解説する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「LINE」「トランプ」「Instagramの新アイコン」、ソーシャル好き過ぎる人たちの傾向
その情報、信じて大丈夫? 「LINE」や「Facebook」「Twitter」が生活インフラとして定着...

news022.jpg

Facebookの成長に日本市場が果たす役割――フェイスブックジャパン代表取締役 長谷川 晋氏が語る
フェイスブック ジャパンは2017年2月15日、同社の東京オフィスにおいて、プレス向け説明...

news076.jpg

Webインテグレーション市場は2020年度がピーク?――AIによる工数削減で以後は成長鈍化の可能性も
ミック経済研究所は、Webインテグレーション市場とネット広告のアドテクノロジープラット...