2012年06月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドガバナンス現在進行形【番外編2】【市場動向】着実に姿を現しつつあるクラウド化したIT市場

オープンで相互に接続されたクラウドの実現に向けて、IT市場では何が起きているのか。単一世界政府が存在しない以上、クラウドにおけるエコシステムの形成は共同規制に寄らざるを得ない。

[川田大輔]

レジリエンスな環境形成のための努力

 番外編1「エンドユーザーによるクラウド設備実査要求は百害あって一利なし」では、レイヤーごとに適切な設計手法(ディペンダブル、ロバスト、レジリエンス)が違い、多様性が十分担保されたクラウドサービスにとっては、レジリエンスな設計が有効であることを説明した。

 先んずれば人を制すという。今起こりつつある変化の結果どのような市場が姿を現すのかを予測したい。本稿では、最近の研究が示す一般的な性質に基づいてクラウド化したITサービス市場がどのような姿になるかを予測し、縮小する国内市場にとどまるリスクについて解説する。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...