2012年08月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

OpenFlowの管理機能を拡張する「FlowVisor」【後編】OpenFlow拡張技術「FlowVisor」がSDNのキラーアプリとなる理由

研究段階のOpenFlow拡張技術「FlowVisor」の企業利用が進むのは先の話だ。ただし、FlowVisorの機能が企業にもたらすインパクトは大きいはずだと専門家は指摘する。

[Michael Morisy,TechTarget]

 前編「YouTubeによるLAN混雑も回避? 『FlowVisor』の効果と課題」では、OpenFlowコントローラーとOpenFlowスイッチとの間のプロキシとして機能し、複数のネットワークスライスを構築可能にする「FlowVisor」の仕組みと現状の課題を解説した。後編では、FlowVisorの想定利用形態やリスク、今後の方向性について解説する。

FlowVisorは実用段階か?

 FlowVisorは、Software Defined Network(SDN)に関する新しいアイデアやツールの大規模実験を迅速かつ柔軟にする技術として開発されたものだ(SDNの概念については「【技術解説】OpenFlow/SDNの自在な経路制御を実現する技術」を参照)。FlowVisorは、全米各地の本番環境(特にスタンフォード大学などの大規模な大学キャンパス)で導入が進められてきた。また、大規模な研究用ネットワークである「Global Environment for Network Innovations(GENI)」や「Internet2」でもFlowVisorが導入されている。

 だがこれは、一般企業のLANにFlowVisorがすぐさま普及することを意味するわけではない。スタンフォード大学の博士研究員であり、FlowVisorの開発に携わるアリ・アルシャビビ氏によると、FlowVisorは現時点では非常に安定しているが、先はまだ長いという。

 「FlowVisorをエンタープライズ品質にするまでには、まだたくさんの課題が残されている」とアルシャビビ氏は語る。第一に、ユーザーにとっての使い勝手を改善する必要があるという。例えば、FlowVisorには今のところ、コマンドラインインタフェースやWebベースの管理機能がないため、ユーザーが設定を変更するにはコンフィギュレーションファイルを操作しなくてはならない。

FlowVisorのネットワーク仮想化の利用形態

 スタンフォード大学で3年間にわたってFlowVisorの開発を指揮した後、OpenFlowを手掛ける新興企業の米Big Switch Networksに入社したロブ・シャーウッド氏によると、FlowVisorの価値があるのは実験用ネットワークだけではない(Big Switch NetworksのOpenFlowへの取り組みについては「OpenFlowを対応機器なしで導入できる『オーバーレイ』」を参照)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...