2012年08月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイル/クラウドを生かすセキュリティ対策【前編】私物iOS/Android端末やクラウドを安全にする「VPN」

私物端末の企業利用(BYOD)やクラウド移行の流れを止めず、安全性を確保しつつ業務に生かす。その具体策として有望視されているのが「VPN」である。

[Michael Morisy,TechTarget]

 米GoogleのGoogle AppsやBYOD(私物端末の業務利用)、Dropboxのようなプロシューマー(※訳注)ツールが台頭し、クラウドのデータやアプリケーションに対する熱気が高まる中、信頼性の高いVPNは、WANを存続させる道を何とか見いだそうとしている。

※訳注:プロシューマーは、プロフェッショナル(専門家)とコンシューマーを組み合わせた造語。プロフェッショナル仕様の高機能製品を使用するコンシューマーを指す。IT以外では、プロデューサー(生産者)とコンシューマーを合わせてプロシューマーということもある。

 米国の地方銀行Needham Bankの情報技術担当副社長であるジェームズ・ゴードン氏は、多くのITマネジャーと同様、米MicrosoftやGoogleなどの最新のクラウドサービスに不信感を抱いている。厳格な規制が適用される金融機関の世界では、「うちのサーバじゃない」は「うちの問題じゃない」とはならないからだ。

 だがゴードン氏は、従業員が個人で所有するiPhoneiPadAndroid端末などのモバイルデバイスの大群がオフィスに押し寄せてくるのを阻止しなかった。ゴードン氏はむしろ、従業員が持ち込むこうした最先端技術を擁するおもちゃに、世界中で人気を博すスマートフォンゲーム「Angry Birds」のハイスコアや子どもの写真と一緒に、クリティカルなビジネスデータを詰め込もうと取り組んできた。

 そこでゴードン氏は、ITの伝統的な技術基盤の1つであるVPNに、ユーザーの不満を抑えると同時に生産性を向上させる新しいテクニックを幾つか組み込んだ。この取り組みにより、エンタープライズBYODのトレンドを快適に感じられるようになったという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...