2013年04月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ソーシャル読書サービスを買収1600万人ユーザーのSNSを手に入れたAmazon、ベゾス氏の狙いは

ソーシャルネットワークはAmazonの世界制覇計画に欠けている部分だった。今、彼らはそれを手にいれた。ジェフ・ベゾス氏の判断が他社のサービスに与える影響とは。

[Karen Goulart,TechTarget]

 ソーシャル読書サービスのトップサイトである米Goodreadsを買収したことにより、米Amazon.comは、コミュニティーサービスを同社のメニューに追加できた。これはささやかな追加などではない。Goodreadsは1600万人の消費者を既に囲い込んでいるのだ。

 AmazonによるGoodreadsの買収は、開業したばかりのWebサイト「Bookish」への打撃となるだろうか。英Penguin Books、仏Hachette Livreおよび米Simon&Schusterという出版社が2年の準備期間を経てオープンさせたBookishは、出版社がバックにいる以外はかなりGoodreadsに似ている。Amazonの買収はBookishへの攻撃になるだけではなく、出版業界への全面攻撃のように見える。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。