2013年04月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ソーシャル読書サービスを買収1600万人ユーザーのSNSを手に入れたAmazon、ベゾス氏の狙いは

ソーシャルネットワークはAmazonの世界制覇計画に欠けている部分だった。今、彼らはそれを手にいれた。ジェフ・ベゾス氏の判断が他社のサービスに与える影響とは。

[Karen Goulart,TechTarget]

 ソーシャル読書サービスのトップサイトである米Goodreadsを買収したことにより、米Amazon.comは、コミュニティーサービスを同社のメニューに追加できた。これはささやかな追加などではない。Goodreadsは1600万人の消費者を既に囲い込んでいるのだ。

 AmazonによるGoodreadsの買収は、開業したばかりのWebサイト「Bookish」への打撃となるだろうか。英Penguin Books、仏Hachette Livreおよび米Simon&Schusterという出版社が2年の準備期間を経てオープンさせたBookishは、出版社がバックにいる以外はかなりGoodreadsに似ている。Amazonの買収はBookishへの攻撃になるだけではなく、出版業界への全面攻撃のように見える。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の...

news050.jpg

ふくおかFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイントプラットフォーム提供へ
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングは、ブロックチェーン関連技術...

news043.jpg

Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそ...