2013年05月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

開発と運用の連携がもたらすメリットとは?知らないでは済まなくなってきた「DevOps」、その真意は

IT業界の新たなキーワードとなりつつある「DevOps」だが、その認知度はまだ高いとはいえない。本稿ではDevOpsの真意とメリットを解説する。

[TechTarget]

 「DevOps」――Development(開発)とOperations(運用)を組み合わせたこの言葉は、ソフトウェア開発者と運用管理者の協力を促進するための理念だ。DevOpsのルーツはアジャイル開発にあるが、あらゆる開発手法に適用できる。サービスの開発、提供サイクルが早いクラウドコンピューティングの運用においても重要な概念となるが、その原理はオンプレミス環境にも適用できる。昨今はIT系の求人情報サイトにもDevOpsという言葉が見られるようになってきたが、「DevOpsマネジャー」「DevOps技術者」といった職種に必要なスキルセットは、まだ明確に定義されてはいない。

 以下のFAQでは、DevOpsにまつわる問題、およびDevOpsという用語がどのような意味で使われているかを明らかにする。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...