2013年07月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

求む、革新的なSDNアプリケーションSDN版iTunesは生まれるのか? Internet2が新アイデアに賞金

OpenFlowを活用したSDNアプリケーションの募集をInternet2が開始。担当者は「ネットワークの混雑など、SDNアプリケーションで解決できるハイパフォーマンスWANの課題はまだ多い」と話している。

[Rivka Gewirtz Little,TechTarget]

 SDN(Software Defined Networking)コミュニティーでは、最近こんなジョークがささやかれている。「幅広いネットワーキングアプリケーションが実現するとなれば、いずれSDNアプリケーション専門のiTunesが間違いなくオープンするだろう。ネットワーク仮想化を99セントでダウンロードしよう!」

 まだわれわれは、そこまでに至ってはいない。だが、SDNアプリケーションは、いま急速に浮上しつつあるのは事実だ。このマーケットの発展に向けて、Internet2は、Juniper Networks、Brocade、Cienaなどの米企業とともに、「2013 Internet2 Innovative Application Awards」と銘打って、OpenFlowを採用した革新的なオープンソースSDNアプリケーションに最高1万ドル(約95万円)の賞金を授与すると発表。5月から正式にエントリーの受付が始まり、応募申込書は7月7日(米国東部標準時)までに電子送信しなければならない。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...