2013年08月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

DevOps支援ツール紹介【第1回】DevOps実践の鍵は、テスト工程のパラレル化にあり

ITサービスのリリースサイクルを速めるために、開発と運用が密に連携する「DevOps」という概念が注目を集めている。だが、その実践のためにはさまざまな課題がある。ベンダー各社にDevOps実践の鍵を聞く。

[内野宏信,TechTargetジャパン]

 昨今、「DevOps」という言葉が企業の関心を集めている。一言でいえば「Dev(開発担当者)とOps(運用担当者)が連携してサービスのリリースサイクルを速める」といった概念だ。市場環境変化の加速に伴い、今、企業には市場の声を迅速に製品・サービスに反映することが求められている。その実現のためには、製品・サービスを速いペースでリリースし、市場ニーズをくみ取りながら改善を重ねるアジャイル開発のアプローチが不可欠となる。DevOpsは、その具体的な手段として注目されているわけだ。

 だが開発部門と運用部門の間には、常に“壁”が立ちはだかってきた。開発部門はビジネス部門の要求に応えるために、スピーディな開発、テスト、リリースを目指す。一方、開発成果物を本番環境にリリースし、安定的に運用しなければならない運用部門としては、開発のスピードよりも成果物の品質を重視したい。こうした相反するミッションを持つ両部門の利害をどう捉え、どう連携させればリリースサイクルを加速させ、ビジネスの進展につなげられるのか?

 こうしたDevOps実践の課題について、近年、複数のベンダーがそれぞれの考え方に基づいてDevOpsを支援する製品・サービスを提供している。本連載ではベンダー各社の製品・サービスを通じてDevOpsトレンドの今を探っていく。今回はCA TechnologiesのDevOps支援製品群を紹介する。

DevOps実践、4つのポイント

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...