2013年08月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Googleの牙城を崩せるのか?Facebook独自の検索エンジンの秘密に迫る

米Facebookが2013年1月に発表した独自の検索プラットフォーム。友人や写真、場所、興味の対象などユーザーの活動を元にした検索結果を提示する。SEO最適化とは異なる、ユーザー中心検索を可能にしたカラクリとは?

[Jack Vaughan,TechTarget]

 米Facebookが発表した新しい「Graph Search」インタフェースがWebアプリケーションの転換点を意味するのかどうかは分からない。しかし、2013年7月に予定されているGraph Searchの正式リリースは、データのグラフ化というアイデアの披露パーティーになりそうだ(訳注:本記事は2013年7月に掲載された)。

 現時点ではまだ開発分野のメインストリームから離れた位置にあるものの、グラフデータモデルおよび同方式を採用したデータベースは、「NoSQL」データアーキテクチャの新たな形態として一部で注目を集めており、Facebookのアプリケーションがグラフデータベース技術の認知度をさらに高める可能性がある。

 米ソフトウェア開発サービス会社であるThumbtack Technologyのベン・エングバーCEOは「グラフデータベース技術は以前から存在するが、ビッグデータの出現、ソーシャルリレーションシップの把握、つながりの探索(コネクションマイニング)というトレンドに後押しされる形で同技術が一気にメインストリームに近づいた」と解説する。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...