2013年08月13日 08時00分 公開
特集/連載

Googleウォッチャーが目を離さない「ハングアウト」動向各サービスの中心となるか

Googleがユニファイドコミュニケーションツールである「ハングアウト」の機能を拡張し、Googleの各サービスを統合しようとしている。同社の動きは他のコミュニケーションツールにどう影響を与えるのか。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 米Googleは最近、「Google Voice」の「Google Hangout」(以下、ハングアウト)への統合を発表した。同社は、Googleアプリケーションの集約による複合的なソーシャルエクスペリエンスの提供を進めており、その一環だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...