2013年08月13日 08時00分 公開
特集/連載

Googleウォッチャーが目を離さない「ハングアウト」動向各サービスの中心となるか

Googleがユニファイドコミュニケーションツールである「ハングアウト」の機能を拡張し、Googleの各サービスを統合しようとしている。同社の動きは他のコミュニケーションツールにどう影響を与えるのか。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 米Googleは最近、「Google Voice」の「Google Hangout」(以下、ハングアウト)への統合を発表した。同社は、Googleアプリケーションの集約による複合的なソーシャルエクスペリエンスの提供を進めており、その一環だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...