2013年10月24日 15時00分 UPDATE
特集/連載

スマホ2強時代の生き残り戦略とはAppleの遠い背中……競合ベンダーの失敗/復活ストーリー

今やスマートフォン市場は米Appleと韓国Samsungに席巻されている。中国Huaweiなどの競合企業がこの2強時代を生き抜くにはどうしたらいいのだろうか。

[Jennifer Scott,Computer Weekly]

 スマートフォン市場を席巻する米Appleと韓国Samsungは、より規模の小さな競合企業にとって脅威の存在だろう。だが、そうした状況下でも、顧客を勝ち取る方法がある、と中国Huaweiのモバイル担当幹部は考えている。

 中国深センにある同社本社で取材に応じたデバイス担当副社長のシャオ・ヤン氏は、携帯電話メーカーを取り巻く現在の状況を、通信業界の歴史を引き合いに出して説明した。

Appleは昔のEricssonに似て傲慢

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...