2013年11月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iPhone/iPadの新機能に悩む人々iOS 7の共有機能「AirDrop」をあえて無効化すべき理由と、その方法

iOS 7の新機能「AirDrop」は便利な半面、セキュリティの懸念から利用を禁止したい企業も多いだろう。iOS 7のMDM機能で禁止できるが、端末の設定変更が必要になる。

[Colin Steele,TechTarget]

 「iOS 7」のモバイルデバイス管理(MDM)機能の一部に対して批判が噴出している。

 米Appleの「iPhone」と「iPad」の機能の中には、監視モード(Supervised mode)でしか利用できないものがある。この監視モードによって、IT部門はユーザーの端末をほぼ完全にコントロールできるようになるが、BYOD(私物端末の業務利用)には適さない。

iOS 7のMDMでAirDropをブロック

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...