2014年02月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「干し草の中から針を探すような作業」を効率化従業員による盗難防止にビッグデータ活用、そんな企業が増えている

小売業者などでは、現金や商品の盗難/紛失の問題が発生することがある。ある外食企業では、ビッグデータマイニングを活用し、この問題に対応している。

[Ed Burns,TechTarget]

 現金を日常的に取り扱う小売業者などでは、「シュリンケージ」(従業員や顧客の故意または過失によって現金や在庫が目減りすること)の問題が発生することがある。一部の企業では、この問題に対応するために、ビッグデータマイニングを活用し始めている。

ビッグデータの分析ツール導入で10倍の事案を解決可能に

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...