2014年05月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Open Cloud Summit Japan」リポートサイバーエージェント、ヤフー、楽天が語るOpenStackとの理想的な関係

パブリッククラウドやプライベートクラウドの利用が増え、ベンダーロックインを気にするユーザーが増えてきた。OpenStackを利用(検討)し自社でプライベートクラウド開発・運用する先進企業3社にその取り組みを聞いた。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、大規模なシステムを抱えるエンタープライズ分野でも利用が進む「OpneStack」。数千、数万台の仮想サーバを含むシステムインフラを支える技術がオープンソースで使えるとあって、プライベートクラウドを検討する企業には有力な選択肢として注目されている。

 2014年4月16日に開催された日本アイ・ビー・エム(IBM)のイベント「Open Cloud Summit Japan」では、日本のWebサービスをリードする企業3社(サイバーエージェント、ヤフー、楽天)が、事業会社にとってのオープンクラウド活用についてディスカッションした。システムインフラにおける課題、OpenStackを利用検討に至るまでのプロセスや、導入効果などをリポートする。

パネリスト

奈良真治氏(サイバーエージェント アメーバ事業本部Ameba Infra. Unit マネージャー)

松谷憲文氏(ヤフー システム統括本部 サイトオペレーション本部 本部長)

岩崎 磨氏(楽天 サーバープラットフォームグループ サブマネージャー)

小池裕幸氏(日本アイ・ビー・エム 執行役員 GTS事業本部 クラウド事業統括担当)

モデレーター

吉田雄哉(吉田 パクえ)氏(Co-meeting 取締役 パブリッククラウドエバンジェリスト)


3社がOpenStackの利用検討に至るまで

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

カラフルボード、パーソナル人工知能「SENSY」活用したチャットbotサービスを提供
カラフル・ボードは、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサ...

news087.jpg

凸版印刷、専門チームによるデジタルマーケティング運用支援サービスを本格提供
凸版印刷は、専門チームがデジタルマーケティングを支援する「デジタルマーケティング一...

news079.jpg

バーチャルコマースを実現する「EC-Orange」、共同印刷など3社が開発
エスキュービズムは、タッグ、共同印刷とともに、VRを活用したバーチャルコマースを実現...