2014年05月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

激化する値下げ競争で勝つために採用サイトから見えるAmazonの次の動向、独自プロセッサを開発?

Amazon Web Services(AWS)を運営するAmazonは、ここ最近、ハードウェアエンジニアリングの専門家を積極的に採用している。これは、AmazonがARMベースのカスタムプロセッサを独自に開発するといううわさと関係がありそうだ。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | Amazon WorkSpaces | Amazon Web Services | ARM


tt_aa_6026.jpg

 米Amazon Web Services(以下、Amazon)のここ最近の新規採用者の顔ぶれは、同社が自社サーバ向けにカスタムプロセッサの開発を目指していることを示唆しており、企業のIT担当者は、こうしたプロジェクトはクラウド料金の値下げにつながると期待を寄せている。

 Amazonは既にストレージやネットワーク、サーバレベルでハードウェアをカスタマイズしており、加えてプロセッサも最適化したいと考えるのは少しも意外ではない。Amazonは「CPU・システムアーキテクト」の求人情報をサイトに掲載している他、ビジネスSNSであるLinkedInのプロファイルによれば、同社は最近、ハードウェアエンジニアリングの専門家を何人か新規に採用している。いずれも、ARMプロセッサを開発していた米Calxeda(現在は事業停止)の出身者だ。

 LinkedInのプロファイルによれば、Amazonに新規に採用された人たちの肩書は、「ハードウェア開発エンジニア」「ハードウェア設計エンジニア」「シリコン最適化担当ディレクター」「ハードウェアエンジニアリングおよびシリコン最適化担当マネジャー」などとなっている。勤務地は大半が米テキサス州オースティンだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...