2014年06月20日 18時37分 UPDATE
ニュース

NEWS業務用途への応用も視野に――エプソンがウェアラブル事業戦略を発表

セイコーエプソンは2014年6月19日、ウェアラブル事業戦略説明会を開催。独自開発のウェアラブル機器とそれをベースにしたサービスを通じ、新たな市場を創造していく方針を明らかにした。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 セイコーエプソンは2014年6月19日、ウェアラブル事業説明会を実施した。代表取締役社長 碓井 稔氏が登壇し、高精度の製品とそれをベースにしたサービス基盤の開発を進め、この事業を本格的に推進する方針を語った。

オープンなアプリ開発環境で拡張現実の世界が広がる

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...