2014年06月20日 18時37分 UPDATE
ニュース

NEWS業務用途への応用も視野に――エプソンがウェアラブル事業戦略を発表

セイコーエプソンは2014年6月19日、ウェアラブル事業戦略説明会を開催。独自開発のウェアラブル機器とそれをベースにしたサービスを通じ、新たな市場を創造していく方針を明らかにした。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 セイコーエプソンは2014年6月19日、ウェアラブル事業説明会を実施した。代表取締役社長 碓井 稔氏が登壇し、高精度の製品とそれをベースにしたサービス基盤の開発を進め、この事業を本格的に推進する方針を語った。

オープンなアプリ開発環境で拡張現実の世界が広がる

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わり...

news022.jpg

「新品購入前に売値をチェック」「掘り出し物探しを楽しむ」、フリマアプリ利用者の生態とは──メルカリ調査
メルカリの調査によると、フリマアプリ利用者の半数以上が新品購入前にアプリで売値をチ...

news088.jpg

ホットリンク子会社のトレンドExpressが越境ECサービス「越境EC X」を提供
トレンドExpressは、越境ECサービス「越境EC X(クロス)」の販売を開始した。販売だけで...