2014年08月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

個別開発に比べコストが数分の1に通常数千万円の開発案件に「kintone」を適用、SIerの下克上は可能か?

ノンプログラミングで業務アプリケーションを作成し、そのままクラウド上で運用できるサイボウズの「kintone」が、基幹系システムのフロントの在り方を変えた。kintone導入で実績を持つ新興SIerのアリーナシステムに聞いた。

[石田 己津人]

 サイボウズの「kintone on cybozu.com」(以下、kintone)は、PaaS(Platform as a Service)に分類されるクラウド型の業務アプリケーション開発プラットフォームだ。営業支援、顧客サポート、業務ワークフローなど、“現場”の活動を支える業務アプリケーションを手軽に開発・運用できる基盤として、2011年11月のサービス開始以来、導入社数は1500を超える。

 システムインテグレーター(SIer)もkintoneには熱い視線を注いでいる。ユーザーの既存システムとの連携や、企業間チームワークを支援するWebベースのデータベースアプリケーションの開発・運用がしやすく、多様なユーザーニーズに素早く対応できるためだ。

コストが数分の1になるとビジネスチャンス

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...