2014年09月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

主戦場は200ドル未満の超低価格市場超低価格タブレットで衝突、Windows vs. Androidの“負けられない戦い”

格安のWindowsタブレットが登場したことにより、Androidタブレットとの低価格タブレット市場を巡る競争が激化している。Windowsタブレットは、Androidタブレットが独占していた同市場に風穴を開けることができるのだろうか。

[Ed Hardy,TechTarget]
0917_kf_iconia.jpg Acer Iconia Tab W

 先日、超低価格なWindowsタブレット2製品が米国で発表/発売された。これにより、モバイル端末市場が大きく変化する可能性がある。

 これまで、150ドル未満のタブレットといえば、米Googleの「Android」を搭載した製品が定番だった。だが、この状況は変わりつつある。東芝が7インチのWindowsタブレット「Toshiba Encore Mini」を120ドルで発売したからだ。さらに、台湾Acerも8インチのWindowsタブレット「Acer Iconia Tab W」を150ドルで今秋に発売予定である。両製品ともIntel製プロセッサを搭載し、「Windows 8.1」が稼働する。数カ月中にリリースが見込まれている次期版Windowsにも対応するだろう。

タブレットを推奨するMicrosoftとIntel

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...