2014年09月17日 08時00分 公開
特集/連載

何に使う? 「Windows 8.1タブレット備え付けホテル」が増えている理由マンダリンオリエンタルが「Surface Pro 3」を客室に導入

大手ホテルや旅行会社は、宿泊客や利用客の満足度向上の手段として、「Windows 8.1」搭載タブレットに期待を寄せる。ただし、導入は一筋縄ではいかないようだ。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftの「Windows 8.1」搭載タブレットは、ホスピタリティ(接客)業界や旅行業界にゆっくりと浸透している。ただし、導入の成功は、一般的な企業とは異なる環境で発生する課題を、IT部門が解決できるかどうかに掛かっている。

 過去1年間に、ホテルや旅行会社で導入されたWindows 8.1タブレットの台数は増えている。その目的は、宿泊客に合わせたサービスを提供したり、従業員が親しい人と連絡を取ったりすることだ。

【読者プレゼント】iPhoneも充電できる「ダンボー」バッテリーを10名さまに

TechTargetジャパンは、「iPhone」などを充電できるモバイルバッテリー「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」のプレゼントキャンペーンを実施中です。TechTargetジャパン会員であれば誰でも応募できます。ぜひご応募ください。


大手ホテルチェーンでWindowsタブレット導入が相次ぐ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...