何に使う? 「Windows 8.1タブレット備え付けホテル」が増えている理由マンダリンオリエンタルが「Surface Pro 3」を客室に導入

大手ホテルや旅行会社は、宿泊客や利用客の満足度向上の手段として、「Windows 8.1」搭載タブレットに期待を寄せる。ただし、導入は一筋縄ではいかないようだ。

2014年09月17日 08時00分 公開
[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftの「Windows 8.1」搭載タブレットは、ホスピタリティ(接客)業界や旅行業界にゆっくりと浸透している。ただし、導入の成功は、一般的な企業とは異なる環境で発生する課題を、IT部門が解決できるかどうかに掛かっている。

 過去1年間に、ホテルや旅行会社で導入されたWindows 8.1タブレットの台数は増えている。その目的は、宿泊客に合わせたサービスを提供したり、従業員が親しい人と連絡を取ったりすることだ。

【読者プレゼント】iPhoneも充電できる「ダンボー」バッテリーを10名さまに

TechTargetジャパンは、「iPhone」などを充電できるモバイルバッテリー「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」のプレゼントキャンペーンを実施中です。TechTargetジャパン会員であれば誰でも応募できます。ぜひご応募ください。


大手ホテルチェーンでWindowsタブレット導入が相次ぐ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...