2014年09月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

延長サポートは2020年1月14日まで実は終了間近の「Windows 7」のメインストリームサポート、今からできることは?

「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月13日に終了する。IT担当者は、Windows 7の利用を継続すべきだろうか、それとも新たなOSに移行すべきだろうか。その答えは「どのWindows OSを最も信頼しているか」によって異なる。

[Diana Hwang,TechTarget]
0922_kf_win7.jpg

 米Microsoftの「Windows 7」のメインストリームサポートは、2015年1月13日(延長サポートは2020年1月14日)に終了する。それに伴い、IT担当者は今、同OSを搭載する自社のデスクトップPCおよびノートPCについて、対応を検討している。

 メインストリームサポートの終了を受け、新たなOSに移行するため、ハードウェアとソフトウェアのアップグレード計画の策定を迫られているIT管理者もいるだろう。一方で、何の対策を取らない管理者もいるかもしれない。予算の都合や不十分な計画が理由の場合もあれば、問題なく稼働している既存環境を変更したくないというケースもあるだろう。

メインストリームサポートの終了にどう向き合うべきか

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...

news116.jpg

ドーモ、MobifyのEC向けプログレッシブWebアプリ(PWA)を提供開始
ドーモは、日本代理店として取り扱うMobifyの新しいEコマース向けプログレッシブ Webアプ...

news068.jpg

動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけ...