2014年09月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

延長サポートは2020年1月14日まで実は終了間近の「Windows 7」のメインストリームサポート、今からできることは?

「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月13日に終了する。IT担当者は、Windows 7の利用を継続すべきだろうか、それとも新たなOSに移行すべきだろうか。その答えは「どのWindows OSを最も信頼しているか」によって異なる。

[Diana Hwang,TechTarget]
0922_kf_win7.jpg

 米Microsoftの「Windows 7」のメインストリームサポートは、2015年1月13日(延長サポートは2020年1月14日)に終了する。それに伴い、IT担当者は今、同OSを搭載する自社のデスクトップPCおよびノートPCについて、対応を検討している。

 メインストリームサポートの終了を受け、新たなOSに移行するため、ハードウェアとソフトウェアのアップグレード計画の策定を迫られているIT管理者もいるだろう。一方で、何の対策を取らない管理者もいるかもしれない。予算の都合や不十分な計画が理由の場合もあれば、問題なく稼働している既存環境を変更したくないというケースもあるだろう。

メインストリームサポートの終了にどう向き合うべきか

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経...

news103.jpg

ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロア...

news088.jpg

見込み客情報が「足りている」企業は2割未満──SATORIがB2Bマーケティングの実態を調査
SATORIは、国内B2B企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果についての調査を実...