2014年09月12日 08時00分 公開
特集/連載

大論争に発展 うわさが絶えない「Windows 9」の本命機能とは?「Windows 8」「Windows Vista」の二の舞は絶対に避けたい

米Microsoftが開発を進めているとされる次期OS「Windows 9」(仮称)では、ユニバーサルアプリやクラウドについての対応強化が期待できそうだ。PCユーザーの心を再び引き付けることはできるのだろうか。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 米Microsoftが2014年4月にリリースした大型アップデート「Windows 8.1 Update」の状況から、次期OS「Windows 9」(仮称)では、ユニバーサルアプリのサポートやクラウドとの統合の強化が期待できそうだ。これらの機能は果たして企業を魅了するのだろうか。

 Windows 9の開発に関するうわさは絶えない。OSの提供開始日、サブスクリプションの価格、スタートメニューの完全復活などがささやかれている。だが、何よりも気になるのがWindows 9の機能だ。果たして、どのようなアプリが動くのだろうか。また、クラウドコンピューティングとは、どの程度統合されるのだろうか。

Windows 9のアプリ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...